シロッコファンのはずし方

シロッコファンのはずし方としては、六角の場合には、サイズのあっている六角ソケットレンチが必要となります。そして、羽根の部分についてはタオルをあてがいながら左手にて固定して、右手については中心を回転していき、左利きに関しては逆となります。しかし、素手で行っていくと手を怪我してしまう場合があります。ここで通常によるネジの回転とは反対の回転であることについて注意するようにしましょう。また、モーターと同じ回転方向によってネジが緩まないようになっています。そして、扇風機の羽根の中心によるネジを外していくのに反対であった記憶がございませんか。あれと同じ仕組みになっています。しかし、ごくまれに通常によるネジの場合もあります。そして、反時計回りに中心のネジを回していきます。そして、表面に「ゆるむ」とか「LOOSEN」などが記載してあれば、そちらの方向に回していきます。なお、中心が六角ネジによる場合は、六角ソケットレンチの17号が必要となります。

シロッコファンのメリットを知っておこう

換気扇は以前は、プロペラ式が主流でしたが、現代は細い羽が数多く付いており、遠心式のシロッコファンが一般的になっています。プロペラ式に比べると掃除がしにくいなどデメリットがありますが、静粛性に優れており、騒音が発生しにくく、一般家庭はもちろん、飲食店などの空調として高い人気があります。プロペラ式に比べると湿気が発生しにくいため、結露などを防ぐ働きがあります。シロッコファンは、短時間で換気ができるので、高層マンションなどのキッチンに設置したい人が増えています。数多くのお店で販売されているので、じっくりと商品を比較して、高性能で高機能な商品を選ぶと安心です。専門業者に事前に依頼しておくと、経験豊富なスタッフが在籍をしているので、短期間で設置してもらえます。シロッコファンは臭いを防ぐ効果が高いのが特徴です。

シロッコファンを自分で掃除しましょう。

今主流の換気扇であるシロッコファンですが、一度も掃除をしたことがないという方も多くおられるでしょう。業者に頼むしか清掃できないのではと勘違いをしている方もいますが、シロッコファンは自分でも掃除が簡単にできます。まずは、シロッコファンを外してみましょう。ネジで止めてありますので、ドライバーで外します。ファンの部分を手前に引き出しますと簡単に取れます。キッチンのシンクなどに置き、台所の強力洗剤を吹きかけ、しばらく放っておきます。使い古した歯ブラシなどを利用し、溝に沿ってこすっていきます。それでもうまく落とせない場合は、重層を溶かしたお湯につけ置きしましょう。油が浮いてきますので、楽に落とすことができるようになります。洗い終わった後はしっかりと乾かし、元の位置に戻し、ネジを止めれば清掃終了です。簡単にできますから、定期的な清掃を心がけましょう。